遍匈 鮒簡 忖灸 医烏 鞘徨 兆冱 嗔基 潜崗 僥丕 利嫋仇夕
輝念了崔: 遍匈 > 翌囂深編 > 弌囂嶽 > 晩囂 >

2014定晩囂屈雫猟隈廨社盾響7

2014-01-06 栖坿唆訴虍 

  1 かのようだ/祥挫顱

  仝云輝に゛とまちがえるくらいだ/祥挫顱酒岷顱々

  箭猟

  1. 銚の押櫃嵶り、曜垪し、儘も廷の寄僥に栽鯉できた。1業に敢がやってきたかのようで、社の嶄もまた苧るさを函りした。

  2. 泳は徭蛍がWれてきたくせに、仝rgが壼すぎるんだよ々と、棋ち栽わせのrgをQめた暴がいかのように冱う。

  2 きる、きれる、きれない/頼刃協

  仝Kえる、はっきり゛する、Q伉する/頼刃協吼隼和畳伉々

  箭猟

  1. こんなたくさんの創尖、1繁では奮べきれないよ。

  2. 100%頼莎だ、とううんですかほんとうに冱いきれますか。

  3. え、まさき!泳溺が社竃´。ずいぶん、房いきったことをしたね。

  4. あんなに署づかいの残い笛とはつき栽いきれない。

  3 かけだ、かけの、かける/珊短´頼胡´

  仝まだKわっていない、余嶄/胡´珊短´頼々

  箭猟

  1. rgがなくて、ごを奮べかけのまま竃かけていった。

  2. この~、くさりかけてるよ。ヘンな株いがする。

  3. 採か冱いかけてやめるなんて、湖じいよ、はっきり冱ってくれ。

  4 誼る/氏´辛嬬´

  仝゛ことができる/嬬氏々

  箭猟

  1. 深え誼る恷貧の圭隈をとったのだが、やはり鮫は払,暴Kわった。

  2. ふたごの儘宮が揖じ晩の揖じr震に棒蘭した。そんなこともあり誼るんだ。

  3. エ`ッ!うっそ`そんなこと。あり誼ないよ。

  5 iく/釈隔欺久

  仝恷瘁まで゛する/釈隔欺久々

  箭猟

  1. 泳溺は採業も宜れそうになりながら、42.195kmを恠りiいた。

  2. これは深えiいた挑のYです。

  3. xびiかれた恷互の室gによる恬瞳がが頼撹した。

  4. このゲ`ム戮iく圭隈は

  6 がち/吏吏´否叟´

  仝(措くないことだが)゛になることが謹い、゛することが謹い/耽耽´吏吏´否叟´(喘噐窟伏音挫議並)々

  箭猟

  1. 喬はかぜをひきがちで、1業ひいてしまうと、なかなか指甠靴覆ぁ

  2. ここ1Lgは劼蠅ちの爺櫃Aくでしょう。

  3. テレビや仟の鶺世o訳周に寔gだと房いがちだ。

  4. あの徨は悶がく押櫃靴ちだ。

  7 かれる/音宴´佃噐´

  仝゛しようと房っても゛できない/音宴´音挫吭房´々

  箭猟

  1. わざわざ、返輿bを隔って嗔だちの社までいったのだが、お署のことは冱い竃しかねて、いつものようにおしゃべりだけして「ってきた。

  2. 己やかしてはいけないのだが、るにかねて照いの返を餓し阜べた。

  3. 毅輝宀がおりませんおで、暴ではちょっと蛍かりかねますが´。

  8 つつある/屎壓´音僅´

  仝(Lいrgの嫌で)富しずつM佩している/(海扮寂坪)音僅´々

  箭猟

  1. 寄仇寳の瓜諜悗發罎辰りと疐dしつつある。

  2. 銚が押櫃乃垢譴燭里蓮幻の押櫃やっと指甠靴弔弔△辰rのことでした。

  3. 晩云Z僥丕の方はpりつつある。

  9 ゛か゛ないかのうちに´/胡1´祥´

  仝゛するのとほとんど揖rに´する/胡1´祥´々

  箭猟

  1. ねえ、どうしてどうして!々そう冱ったか冱わないかのうちに泳溺の朕は罎任い辰僂い砲覆辰拭

  2. ベルがQったかQらないかのうちに徨工たちは縮片からwび竃していった。

  3. 仝いただきます々と冱ったか冱わないかのうちに、をKえた啣燭倫伏はご

  10 ゛から゛にかけて/貫´欺´

  仝゛から´までずっと/貫´欺´々

  箭猟

  1. 恍匚から書劾にかけて、脅伉は鹿嶄裟嚏に玲われた。

  2. 1供朕から3供朕にかけた、祇揃垢並のため、宥佩峭めになります。

  3. 歪から拍にかけての尚弼が1桑すれらしい。

園辞容呪

恷仟屁尖岼各晩囂猟隈鞘侏祉悳

晩囂絹擬哉孑N5囂隈蟒盪穽  

2013定岼各晩囂A雫深編庁亭籾祉悳

厚謹佚連萩購廣響慕繁利http://www.reader8.cn/弌囂嶽撞祇。  



(恬宀唆訴虍僕嗔 園辞kind887)
犯泣電佩